« 免許更新 | トップページ | 国際化ドメイン名 »

2003.12.16

ドコログ?

フィンローダさんのページでコケログとか書かれてたが、金を取ろうと思った途端、コケてしまうというのは@niftyらしいというか何と言うか・・・
それはさておき、ココログに限らない話だけど、どうもこの日記形式というか、掲示板形式の場合、「確かあそこで見たはずだガナー」という事で探してみると見付からないという事が結構ある。
本家(謎)ぺたぺたしてってください(^^;の場合、Googleさんが結構頻繁にやって来てくれたりするので、ググれば一発というか、そもそもググる必要のある情報が無いと言うか、ま、アレだ。(ナニ?)
で、Googleとかで探せばいいと言っても、ネタによってはキーワードの選択が難しい。
何でもかんでも日記に書いておいて、後でGoogleに頼って探そうというのがそもそも間違いというか、アレだ(ナニ?)という事でカテゴリ付けてみたりしたんだけど、同一カテゴリーにたくさん文章が溜まってくればあまり効果は無いような気もする。

ココログに限らず、blogというものが流行してきて、確かに情報量は増えた。
書く方も気軽に書けるし、「とりあえず備忘録代わりに書いとくカー」というのもあって情報の断片は手に入り易くなって来たと思う。
だけどその一方で、系統立てたまとまった文章というのが減ってきたような気がする。
書籍が減ってTips集ばっかりになっちゃったというかそういう感じ。
Tips集が悪い訳ではないし、それはそれで有用だと思うけど、多くがそれだけになってしまうのもあまり好ましい事態ではないと思う。
特にblogの場合、長文のものを書くというのが心理的に難しいというか、日頃短文ばかり書いてるのに、そこへいきなり長文書くのも変だろうという心理が働いて、長文が書き辛いというのもあるかもしれない。
バランスの悪いものを持ち込むのは美的でないとか、そういう感じで。

まぁそれがイヤなら別途ページを作れば済む話なんだけど、何も書いていなければ「よ~し。まとめて書こう」という気も起きるのだが、日記に分散して書いてしまうと、それは「書き起こす」のではなく「編集する」作業になってしまう。
プログラミングという創造的な作業ではなくドキュメンテーションのような後ろ向きの作業というか、そういう感じがしてしまう。
世の中には色々な人がいるけど、プログラミングよりドキュメンテーションの方がタマラなく好きという人には出会ったことが無い。もちろんもののけも。
必要性は認めるけどやりたくはない仕事の最右翼はやはりドキュメンテーションだろう。

プログラミングの世界では、プログラミングとドキュメンテーションが同時進行できるような、たとえばperldocみたいな取り組みもされているが、blogも日々書き込んだ文章にちょいとマークアップしておいて、何かのツールにかければまとまった文章ができるとか、そういう仕組みがあれば、後になって文書を探し回ってドコログ?というのも多少は減るのではないだろうか?

|

« 免許更新 | トップページ | 国際化ドメイン名 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4003/29809

この記事へのトラックバック一覧です: ドコログ?:

« 免許更新 | トップページ | 国際化ドメイン名 »