« 本当の裏ページ 2004年2月18日なアレ | トップページ | 座椅子崩壊 »

2004.02.20

消えた牛丼の謎

先日、とある店に配偶者(♀)と晩飯を食べに行った。
と言っても別にデートで行くようなおしゃれな店ではなく、ウチでは「オヤジ食堂」(^^;と呼んでいる、安くて量が多くてそこそこ美味しいという、その辺の大衆食堂が大きくなったような店だ。
で、ここのメニューに牛丼があったのだが、牛丼はしばらくやめますという貼り紙が。

吉野家始め、牛丼がメニューから消えるというのは、米国産牛肉の輸入が止っているからという理由で、まあ納得できるものはある。
しかしこの「オヤジ食堂」では牛丼は無くなってもビーフカレーや牛肉コロッケや肉うどんやその他モロモロの牛肉を使った他のメニューは相変わらず健在だ。

何で牛丼だけが米国産牛肉の輸入停止の影響を受けるんだろうか?
もしかして米国産牛肉には他人には言えないヒミツのナニかが添加されていて、それがあると牛丼はとてつもなく美味しくなるとか。

# んな訳はない(^^;

|

« 本当の裏ページ 2004年2月18日なアレ | トップページ | 座椅子崩壊 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4003/215495

この記事へのトラックバック一覧です: 消えた牛丼の謎:

« 本当の裏ページ 2004年2月18日なアレ | トップページ | 座椅子崩壊 »