« 石巻貝を買って来た | トップページ | やっぱり水草入れてみた »

2004.11.22

TVCMに付いて考える

ITmediaのコラムで「テレビコマーシャル時代の終焉 」という記事が載っていた。
話のネタは、例の「CMスキップは著作権法違反」というアレ(ドレ?(^^;)。
まぁこのネタ(?)の方は、地方局ではキー局と違ったCMを挿入している事からも、番組とCMは独立したものである事が明らかで、マジメに議論するまでも無い(^^;話なので置いておく。

このコラムでは送出する側の立場からの意見が書かれているが、中間の立場(というか独立した視点)からTVCMというものを考えてみる。

民放ではTV番組をCMによる収入によって作成している。
では何故CM出稿者はTV番組を作るカネを出すのか?

出稿者としては、CFを多くの人にリーチさせたいという目的があり、そのために自力で構築するには莫大なカネがかかるTV放映設備・権利を時間でシェアして利用するために対価を払うという経済モデルになっている。
また、一度に多くの人が見てくれる番組であれば、それだけリーチする可能性・機会も高くなるので、深夜よりゴールデンの方が単価が高く、視聴率の低い番組より高い番組が好まれる。
これにCMスキップ機能が加わった場合、視聴率がいくら高くてもCMは視聴者にリーチしない事になり、この経済モデルは崩れてしまい、広告出稿者が減り番組が制作できなくなってしまう。

例の「CMスキップは著作権法違反」というアレでは、CMの自動スキップが問題とされているけど、HDDレコーダーとかがあれば、リアルタイムで放送されている番組であってもタイムシフトで10分遅れぐらいで見始めて、CMになればスキップボタンでCMを飛ばすという見方もできる訳で(っていうか、ウチではほとんどそういう見方をしてる(^^;)、自動か手動かというのは、この際あまり違いは無い。
いずれにせよ、TV番組とCMが明確に分離されている形態では、CMのリーチ率を上げる(というかタイムシフトの無かった頃の率まで戻す)事は不可能と言っていいだろう。

となると、現状どおりのCMを無理やりに見せる方法を考えるより、別の方策を考えるべき時期に来ているのではないだろうか?
上記コラムでは、30秒程度のCMでは能動的に情報を欲する人には十分な情報が与えられないというような事も書かれているけど、現在では能動的に情報を欲する人は、Webなどで情報を得る方法がある訳で、そのような人へのリーチを上げる事を考えてもあまり得る所は無いのではないだろうか?
もちろんWebとの連携をしやすくするとか、そういうアプローチはあるだろうけど、既に行われている文字放送などを見ても、TVCMをきっかけにすぐに能動的に情報を得ようという人はそれほどいないんじゃないかなぁ?

残るは受動的な形、たとえば、CMを何度も見る事によって知名度を上げるとか、新製品の存在をアピールするとか、そういう機能(謎)をCF以外の手段でどうやって提供するか。
これが、無料放送されている民放TVにとって主要な(そして最後の)収入源になるのではないだろうか?

ところで、最近のTVドラマなどでは、なぜか煙草を吸う人が多いような気がしませんか?
最近では禁煙とか受動喫煙の問題とか色々騒がれていて、視聴者の嗜好に合わせて(視聴者が見たいと思う番組を作って)視聴率を上げるというアプローチからすれば、当然喫煙の場面は減るべきなのに、なぜかキムタクが煙草吸ってたりする場面が良く出てくる。
こういう番組の中での喫煙というのは、煙草CMの規制ができてから増えてきているような気がする。
(気がするだけで、煙草会社からこっそりカネが出ているんじゃないかとか言ってる訳じゃありません(^^;)

# 言ってるけど(^^;
## ちなみに、ウラを取ってる訳じゃありません。
## 「こんな可能性もアリかな~?」と妄想しているだけで(^^;

|

« 石巻貝を買って来た | トップページ | やっぱり水草入れてみた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

最近は著作権を魔法の権利のように勘違いするお偉いさんが多いですね・・
最近には限らないのかもしれないですけど。

煙草の例は、積極的に番組をスポンサーのプラスになる内容にしてる(のでは?)ということですね。今は、一部そういう番組もあるとは思いますが、基本的にはスポンサーのマイナスになる内容にはしない(悪口言うとかライバル社の製品を映すとか)という消極的な基準で番組が作られてますね。つまり、スポンサーと番組内容は基本的に無関係なわけです。
CMを縮小して番組内容を積極的にスポンサーのプラスになるものにしようとすると、それはそれで番組制作に制約が大きくなりすぎるように思えます。それが見え見えだったり、内容がつまらなくなればみんなテレビを見なくなるわけで、その辺ジレンマがありそうです。

まぁ、民放のビジネスモデルがこの先厳しそうなのはテレビ局の人は実感してるでしょうから、これからCMに替わるものも色々と模索されるんでしょうね。

投稿: テトラ | 2004.11.22 22:06

思わず先越されたと思ってしまいました。 :-)
自分も映画ネタで書こうと思ってた話題そのもの。映画のほうも、最近観た映画のすべてが喫煙シーンたっぷりあります。禁煙にうるさい風潮の流れに逆行するかのように、これでもかというほどにしつこく喫煙シーンがあるので(ひどいときは妊婦や子供の前で吸ってるシーンだったり)、さすがにもうこれは、煙草会社に陰謀を疑ってしまいますねー。

投稿: 不比等 | 2004.11.22 23:20

私もCMはスキップして見てます。

が、新番組とかスペシャルとかだとCMのタイミングや長さが分からないので騙されることがあります。番組本編の登場キャラが番組本編みたいな背景でなんかやってる画面。思わず巻き戻し(ってHDDだから巻いてはないが)しちまったら、実はCMだったという。
(^^;)

そういうCMがこれからは流行るかもしれませんね。あるいは、オキテ破りのサブリミナルCMとか。
(^^;)

投稿: 楊柳(やなぎ) | 2004.11.22 23:43

「当たり前だ(前田?)のクラッカー」というのを思い出しました。

投稿: むらまさ | 2004.11.23 11:31

こんちわ。
CMスキップとかできる機種ではないので(手動もめんどい)結構見てます(笑)っていうかその間にトイレ行ったりお茶入れたりと出来るので意外と重宝?してたりします。(って結局見て無いじゃん)
タバコのことはあまり気が付きませんでしたが、そうなんですね〜
コンピュータだとMacが出てくることが多いですよね。あれはアップルの戦略というわけではないと思うけど、魅力ある製品であれば露出する機会は必然的に増えるということでしょうか。

見せるCMから見てもらう見てもらえるCMというのが重要かも。
製品ばかり前面に押し出したCMというのもここ数年は減少傾向にあるように思うし、ライフスタイル(この製品によって得られる楽しさのようなもの)や企業イメージ的な間接的なCMが多いですよね。
あとはドラマチックなものとか、連続ものとか、、、

個人的にはコラボCMがもっと増えると良いなと思ったりします。
なんでって言われても困るけど、、、もっと楽しくなりそうだから(笑)
CMも楽しいと見ちゃいますよね(笑)

以前広告関係の業界にいたとき聞いた話では殆どの広告業界で縮小傾向にあるのに屋外広告看板は伸びているとか、、、真偽は定かではないけど、不変的なものかもって思いました。
TVやWeb、紙媒体はその手法が出そろったようなところもあるけど、屋外広告は進化を続けている?ようなきもします。

TVCMも新しいアプローチの方法で訴えないとキャンセルさせられちゃいますよね。

って勝手な感想でした。

投稿: ma-san | 2004.11.23 11:42

>タイムシフトで10分遅れぐらいで見始めて、
>CMになればスキップボタンでCMを飛ばすという見方
私、バカでしたぁ!!
この方法に気づかなかった。。。orz
是非、活用したいと思います。
(でも、私のPCはタイムシフトにはちと不安…(笑))

CMに関しては、ここ最近よくみた、台風情報、地震情報のように、画面枠を縮小して、2辺の端っこに表示される方式とかヤラレルんじゃないか…などと危惧してます。テロップとかも最近、番組内の流れの中で流したり…。
特に、記録、保存したい際には非常にウザイです。

そういう意味では、きっちりと番組とCM別れている方がありがたいんですけどね。(^^ゞ

投稿: Kikyo-ya | 2004.11.23 22:21

>テトラさん
それがですねぇ、煙草会社が明示的にスポンサーじゃない場合が多いんですよ。
言わば「ステルス型タイアップ広告」(^^;

>不比等さん
勝った(^^;
洋画とかでは結構前から増えてますね。
欧米で先に煙草のCM規制が始まったからなんですが・・・

>楊柳(やなぎ)さん
変則の40秒CMとか。
サブリミナルは・・・やっちゃうと放送免許取り上げられちゃいますがな(^^;

>むらまささん
そういうのもありましたねぇ(^^;

>ma-sanさん
タイムシフトだと、トイレ行ったりする時はPauseしとけばいいので・・・(^^;
屋外広告は、インフレが無いからじゃないでしょうか?
TVとかだと、BSとかCSとかチャンネルが増えてる分、広告媒体が一気に増えて、大インフレーション時代(謎)になってますからねぇ

>Kikyo-yaさん
テロップ式の広告が流行って来ると、テロップ部分を除いた表示ができるテレビが出て来たりして(^^;

投稿: <セルダン> | 2004.11.24 00:18

部屋にTVが無い人なんですが・・・
外食するときか、実家へ帰ったときにしかTVは見ません。PCいぢり時間とTV見る時間が競合してしまうのでしょうね。
#う・・・テーマと関係ない。

***
台湾へ出張へ行ってたとき、びっくりした点。
 1)CMが長い。(1分くらいしている)
 2)日本語CMが字幕無しで流れている。
   ドラマなんかは字幕ついてます。

投稿: moke- | 2004.11.24 18:23

>moke-さん
長いCMというのも、一つの方法としてはアリかもしれませんね。
長ければある程度内容のあるCMにできる可能性が高くなるし(もちろん、長ければ良いというモノでも無いですが(^^;)

投稿: <セルダン> | 2004.11.24 18:52

>楊柳(やなぎ)さん、<セルダン>さん
サブリミナル効果、禁断だと思われていますが、日本のCMに堂々と使われたことがありますよ。
北野武監督の「3-4x10月」(1990年9月公開)のTV版の公開予告はサブリミナル効果を織り込んだもので、当時かなり話題になりました。
自分は公開当時中学生でしたが、母校の先生がこのCMを授業で引き合いに出した為、皆かなり注意深く見た覚えがあります。
商品によっては堂々と宣言して放映する分なら問題ないのかも。

日本ではサブリミナルより比較広告の方が禁断だと見られてるのかもしれません。

投稿: もぐらねこ | 2004.11.24 19:37

>もぐらねこさん
日本では(というか日本でも)サブリミナル効果を使用したものは禁止されています。
日本民間放送連盟(民放連)でも放送基準でサブリミナルは「放送に適さない」となっていますし、総務省からも「サブリミナル的表現手法及び光感受性に関する映像手法の問題への対応」というのが出ています。

比較広告は、特に禁止されている訳ではありませんし、以前実際に行われたこともありますが、日本の民族性からか、あまりウケが良くなかったので使われていないようです。

投稿: <セルダン> | 2004.11.25 17:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4003/2035104

この記事へのトラックバック一覧です: TVCMに付いて考える:

« 石巻貝を買って来た | トップページ | やっぱり水草入れてみた »