« 回る寿司 | トップページ | 楽天でみつけた変なモノ その17 »

2005.06.13

ブログというモノ

ブログに問われる書く技術、話す技術

あぅ゛(^^;
ちょっと耳が痛い(^^;

たとえば↑こんな一言も、言ってみれば独り言みたいなもんで「公開する必要」があるかと言われると多分無いモノだろう。
公開する必要が無いモノを何で書いてるかというと、ツカミというか時候の挨拶(謎)のようなモノで、無くても意味は通じるけど、別にあってもええやんって感じで(謎)(^^;

私の場合、基本的には、いわゆる「チラシの裏」的なモノはできるだけ書かないようにと考えてはいるけど、公開するつもりではあっても意味不明というのも中にはあるような気がする。
あくまでも「基本的には」なのでタマに大ハズレにハズレて「何?この独り言?」というのもあったりするけど。(^^;

例えばサーチエンジンで何かのキーワードを引くと、記事元のニュースサイトよりも、それを引用したブログが先に来ることも珍しくない。

というのは、実際自分がココで書き始める前から気になっていた事で、特に何かまとまった情報が欲しいなと思った時、実はこのブログというのは結構迷惑な存在だったりする。

ニュースならまだしも、何か技術的な情報とかだと、たいていブログで書かれているのは断片的な情報だったりするので、何か自分で設定する時の参考にしようと思ったりすると、ビミョーに環境が異なってたりして役に立たないとか。
で、そのビミョーな違いを解消しようと思えば結局まとまったサイトを探しなおさなきゃいけない場合も少なくない。
その場合、あちこちのブログで同じようなビミョーに使えない事が書かれていると、ソレがノイズになって目的とするサイトを探し出すのに手間がかかる。

手間がかかるだけなら手間と時間の問題で済むんだけど、ブログを使う人が増えてから、逆にまとまった情報を集積したサイトを作ろうとする人が減ってるんじゃないかな?と思う事もある。
実際調べたわけではなくて実感だけなので、本当のところはどうなのかわかりませんが。
自分に置き換えて考えてみれば、ココでチョコチョコ書いてると、それをまとめて、ひとまとまりのページを作ろうという意欲は失われているような気がする。

世の中に無い(って言うか自分が無いと思ってる)情報であれば、それをまとめてページでも作ろうかな?と思う所だけど、自分のブログにチョコチョコ書いてれば「(まとまってないだけで)世の中には既にある」情報なので、今更まとめなおすのも面倒臭いなという気になってしまう(^^;
自分で書いたページとか、日々チェックしている人のページであれば「あぁ、ソレはいつ頃書いたな」とか「○○さんのページでいつ頃見たな」というカンが働くので、目的とする情報にたどり着くことができるけど、検索で辿り付いたブログとかだと「もっと詳しく書かれているページがあるか」とか「それはいつ頃のページか」というのは全くわからない訳で、結局もう一度検索エンジンのお世話になるか、アキラメるかという事になってしまう。

それと、まとまったページを作った場合なら、ドキュメント全体を見通して、説明の薄い所や矛盾を抱えている所がわかりやすいから、適宜加筆するなり修正するなりというのがしやすいけど、ブログで断片的になっていると、そういう部分がわかりにくいので、書いてる本人は全ての情報を出してるつもりでも、実際は抜けがあるという場合もある。
最近オープンソース系の開発とかしてる人の中に、いわゆる開発日誌と称するブログを作ってドキュメントは無い(か、あっても概要だけ)というスタイルでやっている人もいるけど、自分の備忘録としては機能しても、他人へ説明するドキュメントとしては不十分なものだという事は認識しておいた方が良いかもしれない。
もちろん、それが悪いと言っているのではなく、情報を発する側が「これで十分だ」と思っていても、情報を受け取る側に取って不十分であるという「認識のずれ」を自覚すべきだと指摘しているつもり。
認識がずれたままだとお互いに不幸ですから・・・

じゃあ、開発日誌系(謎)は全くダメなのかというと、そういう訳でも無いと思う。
要は全体を見通した文書としてのまとまりが無いから扱い難いというのが問題なので、たとえば開発日誌の各エントリへのリンクでindexを作るだけでも随分とわかりやすくなる。
ブログというのは、基本的には時系列、ちょっと加えてカテゴリぐらいしかindexingの方法が(自動では)用意されていないというのが「扱いづらい文書」になってしまう原因の一つだと思う。
だから、そこへ人手で文書の体裁を成すために必要な「構造」を与えてやろうという考え方。
後でこういった「構造」を加えるという前提があれば、開発日誌を書く場合でも後で使い回しが利くような単位・体裁で書いていけば良いので、何も前提無く、単に日々やった事を書き連ねているよりは(再)利用価値のあるものになるだろう。

プログラマにとって、納期とドキュメントというのはキライなモノの双璧だろう。
プロのプログラマでなければ納期は比較的甘いので、そういう意味ではドキュメントはもっともやりたくない作業と言っても過言ではない(^^;
ブログを使った開発日誌で「とりあえず何か文書を書く」というのは容易になってきたので、それを更に活用してキライなドキュメントも克服するというのはどうだろうか?

# 実は密かに、仕事でもこの手が使えないだろうかと考えてるんだが・・・(^^;

|

« 回る寿司 | トップページ | 楽天でみつけた変なモノ その17 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

誰かが(夏目?)「上手な漫画家は、身の回りのことを
描かせてもおもしろいものを描く」と言ってました。

要は「主題が何か」とか、言ってることが「私見か
一般論か」ではなく「ちゃんとまとまったことが
言えているか」という、その構成力の差ではないかと。

投稿: yoh-yoh | 2005.06.14 02:13

同感です。
最初はブログなんてモノを知らなかったので、
ある時期からイキナリ検索したら他人のHPに
たくさん引っかかるな、と思っていました。

現状では、ノイズみたいなものですね。
ちょっと知りたい時には便利なのですが、
体系的に調べたい時は不便です。

色んなブログを渡り歩いて、やっと理解できた、
なんてことが頻繁にあります。

投稿: おんすー | 2005.06.14 07:37

私も、真面目に検索かけたいときにはわざわざ「-blog」をキーワードに加えてググったりしています。

私もその「ノイズ」をボンボン増やしている1人なので、批判する権利も無いんですけど(笑)

投稿: ∴∵ | 2005.06.14 16:51

>yoh-yohさん
あぅ゛(^^;
ちょっと耳が痛い(^^;
精進します・・・

>おんすーさん
ブログはブログで良いと思うんですが、全部がソレになっちゃうのがどうかな~という感じですね。

>∴∵さん
-blogでもこのページなんかだと外れなかったりします(^^;
後は -日記 とかいう手もありますが、 -トラックバック というのが意外と(?)利くような気がします。

投稿: <セルダン> | 2005.06.14 18:49

そうですね、ググった時にはほとんど必要のないものにたどり着きますね
耳痛い耳痛い
ブログもネットが広まったうえでの産物なんでしょうけど
数々の日記という奴はいちいち残して良いものか悪いものか
あ~大変僕

投稿: musashi | 2005.06.14 22:36

私の場合、たとえば個人的な映画の評判や感想を知りたいときなどは、ブログがヒットしてくれるとありがたいっす。フツーな映画情報が最初の数ページを占有してると、ウザイって思っちゃう。
ちょっと前までは情報系というか公なサイトだけをアテにする場合はヤフーを利用してましたけど、最近ぐーぐるが多いからなあ。(^^;
ブログとそうでないのを分けてもらうか、検索エンジン側も住み分けしてほしいですね。

# upしようとしたらメンテだし…。orz  ↑コレ書いたの午前ちゅ

投稿: 不比等 | 2005.06.14 23:17

>musashiさん
私のページも、残しておく価値があるかというと、そんなに無いような気もします(^^;

>不比等さん
S/Nが悪いのは確かに使い難くはあるんですが、たとえば上に書いたように、検索ワードに -トラックバック とか入れればかなりブログが落とせますし、逆に トラックバック を入れるとブログを主に検索できたりするので、検索に関してはやりようはあります。
だけど、目的とするページ自体が作られない事には・・・
というのが問題で(^^;

投稿: <セルダン> | 2005.06.15 04:50

単純にブログを落とすか拾うかで目的の情報を得やすいとは限らないですしねえ。もはや、検索の達人をめざすしかないのだろうか。(←ないものを作る気は毛頭ない(謎))
ていうか、検索ってば、楽しいですよねえ。(笑)(更謎)

投稿: 不比等 | 2005.06.15 09:10

>不比等さん
不毛な検索は楽しくないんですが・・・(^^;

投稿: <セルダン> | 2005.06.15 18:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4003/4542296

この記事へのトラックバック一覧です: ブログというモノ:

» Blog記事の「石」を「玉」にするには [Another Aquatic Zone]
ブログに問われる書く技術、話す技術 (IT media) ブログが大流行だ。その内容もさまざまで、自分の意見の主張の場にしている人から単なる備忘録にしている人までいる。ただ、数多くのブログを見ていて気になったのは、「公開されている」ことは分かっていても「公開してい...... [続きを読む]

受信: 2005.06.14 23:37

« 回る寿司 | トップページ | 楽天でみつけた変なモノ その17 »