« 報告書色々 | トップページ | 2006年夏発売? »

2006.02.23

ツールとインフラ

ツールとインフラ

小寺さんのblog「コデラノブログ」からですが・・・

ITmedia +D に載るコラムというのは、編集部ならびに編集責任者の目をいったん通して校正されたのち表に出る、ある意味出版と同じプロセスを経由するものなのであるが、それすらも関係ないということなのである。
「プロセス」の違いよりも、むしろ、その「プロセス」を通る「意味」に対して懐疑的な人(ぶっちゃけ、「編集」というプロセスが入ったからと言っても、そのプロセスを通らないのとたいして変わらないじゃないかと考える人)が増えてるのではないでしょうか。

一つには、この小寺さんの「コデラノブログ」などを通して、「編集前」の文章と、+Dに載るコラムなどによって「編集後」の文章を見比べる事ができる。
もちろん「場」の違いがあるから、全く同じ文書が載る訳ではないし、文書のスタイルも違うけど、結局の所「小寺」という人の書いたモノが信用に値するか否かという事は「編集」というプロセスを通るか通らないかには違いが無い。

また、違いがあっても、せいぜい字句修正程度だろうけど、その字句修正をするはずの編集者が「矜持」に「きんじ」と仮名を振る程度の人だという事が公になってしまったり(^^;

# 「矜持」を「きんじ」と読むのは間違いとは言えないけど、「きんじ」は慣用表現で、仮名を振るなら「きょうじ」とすべきでしょう
## 編集者の矜持(きょうじ)はドコへ行った?
【追記】(きょうじ)へ訂正されたようです。

まぁ、この「きんじ」にしても「あぁ、岡田有花だからね」で納得してしまう所もある。
そもそも、blogなど編集を通らない生の文書をあちこちで見るにつけ、誤変換とかに出くわす事も多々あるから、多少の字句の誤りはキニシナイという人が増えてるというのもあるかもしれない。
編集者の行う「校正」という作業自体の価値(というか要求)が薄れているという面もあるのではないだろうか。

もう一つは、インターネット上での多くの情報により、編集を通ったモノにも偏りもあれば嘘もあるという事が広く知られてしまったというのもあるだろう。
たとえば日経はアドバルーン記事を良く載せてるとか、朝日は報道に偏りがあるとかいう事は、インターネットで情報が氾濫する以前は知ってる人だけ知ってるような事だった。
これが多くの情報により、人々に知られる事になってしまった。

先日、とある集会(謎)で、某省の局長さんが「小さい頃から朝日新聞を読んで育ったので、役人なんてロクなもんじゃないと思っていた」とか言って笑いを取っていた。
これで多くの人が笑えるという事は、朝日新聞が偏った報道をしているという基礎認識がその場に居合わせた100人ぐらいの人で共有されていたからこそ「笑い」になるのであって、そういう認識が無ければ笑い事ではない。

また、取材により裏を取った報道だと言われても、その取材してる人のレベルが「リレーって何ですか?」と聞く程度のモノだという事も広く知られてしまったり。

そういう多くの情報により、「紙に印刷してる所は信用できる」という粉飾(^^;が取り払われて出版バブルが崩壊した結果、「あちこちに散在する情報を一箇所にまとめてくれて便利だね」という「正当な評価」が行われるようになっただけの事ではないかと思う。
「ネットの記事はすべからくBlogと同等」なのではなく、ネットの記事かBlogか、はたまた紙に印刷された出版物かという「メディア」によって情報の信頼性は測れない。
信頼性の尺度は、「メディア」によってではなく「誰が発した情報か」で判断する必要がある、という認識が広まっているのではないでしょうか。

という事でびいさんと同じ結論になってしまった(^^;

|

« 報告書色々 | トップページ | 2006年夏発売? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4003/8802968

この記事へのトラックバック一覧です: ツールとインフラ:

« 報告書色々 | トップページ | 2006年夏発売? »