« 続きを買ってみた | トップページ | ニフティもWinny通信を規制へ »

2006.03.29

新聞の特殊指定

ここ最近、公取が特殊指定の見直しを提起したという事で、新聞各紙が騒がしい。

この「特殊指定」というのは、掻い摘んで言えば
1:新聞社は学校教育用や大量購入者など、合理的な理由無く値引き販売しちゃダメ
2:新聞販売店は(合理的理由があっても)値引き販売しちゃダメ
3:新聞社は販売店に必要とする以上に押し紙(要するに不良在庫を押し付ける事)しちゃダメ
というキマリ

ここでちょっと気をつけておく必要があるのは、この「特殊指定」以外に「再販価格制度」があって、書籍と一緒で新聞社が販売店に対して値引き販売をさせない方法は別途ある。
要するに販売店の独走による価格破壊(?)への抑えはちゃんと残ってる訳。

という事は、「特殊指定」が無くなって宅配制度が破綻すると言う新聞社の言い分通りの結果を招くためには
・新聞社自身がディスカウントしまくって
・新聞社自身が(見かけの)発行部数を伸ばすために販売店に押し紙行為を働く
事によって、販売店が(新聞社本社に対する)価格競争力を失い、また押し紙による不良在庫の山で赤字出しまくって潰れる販売店が続出するから宅配制度が崩壊するというシナリオしか考えられない。

新聞社が「特殊指定」を続けてくれと言うのは「オレ達には自制心も無く、自分の足を食べるタコのように後先考えずに無茶やってしまうので、禁治産者扱いで法的に厳しく規制してくれ」と言ってるのに等しい。
良くもまぁ、これだけ恥ずかしい事を新聞何面も使って書き立てるなぁという気もするんだけど、恥を忍んでも書かなきゃいけない程、自浄作用の無い業界なんだろうなぁ(^^;

|

« 続きを買ってみた | トップページ | ニフティもWinny通信を規制へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4003/9315640

この記事へのトラックバック一覧です: 新聞の特殊指定:

» [こんなものいらない]新聞特殊指定 [BBRの雑記帳]
最近、新聞を読んでいると、主に政治面の下の方にちょこちょこと、「新聞特殊指定見直しに反対」を、いろいろな政治家に日替わりで語らせている、正直鬱陶しい記事が目に付きます。 関心のない人には意味をなさない記事ですが、これは新聞業界のいやらしいキャンペーン...... [続きを読む]

受信: 2006.04.09 08:49

« 続きを買ってみた | トップページ | ニフティもWinny通信を規制へ »