« 光るウニ(謎) | トップページ | Google Spreadsheet »

2006.06.05

中小企業庁から調査票がやって来た

何やら中小企業庁から下請法絡みで調査票とかいうのがやってきた。

某社との取引に付いての調査って事なんだけど、マジメに書くとマズいんだろうなぁ(^^;
って、金払いは良い会社で、決して下請け苛めされてるとか(^^;支払が遅いとか(^^;そういうのは全く無いんだけど、書類関係が結構ずさんな会社なので・・・

逆に、キッチリ書類関係をやってる所だと、いちいち書類書かなきゃいけないので面倒というか、注文請書出すと印紙税かかるし・・・とかあるので、むしろいいかげんな方が良い場合もあったりするんだけど(^^;
ってか、注文請書に税金がかかるという制度の方にむしろ疑問がある。
物品売買だと税金かからないのに、工事請負だと税金がかかるというのが何か割り切れないモノが・・・
どちらも注文の申し入れ(注文書)に対する受注の確認(注文請書)なんだから、税額が変わる理由も無いような気もする。

この辺見ると

請負契約か売買契約かの判断基準は、契約当事者の意思が、仕事の完成に重きをおいているか、物の所有権移転に重きをおいているかによって判断します。

という事なんだけど、仕事の完成に重きをおいたら税金がかかる理由が不明
ってか、「契約当事者の意思」とかいう、客観的に計れない(類推するしかない)ものを基準に分けるってのが、税法としてどうよ?という気がする。
「受注したら完成するのがアタリマエ。所有権を移転する事を目的として注文請書を発行しました」と言えば税金がかからないのか?と言えば、外見的には「仕事の完成に重きを置いていている」ように見えるから印紙貼らないと脱税ですよ・・・と言われてしまう訳で、結局の所、契約当事者の意思なんて関係なくて税務当局の意思(運用)によって課税文書か非課税文書かが変わってくるという、結構イイカゲンな所がある。

# 「受注したら完成するのがアタリマエ」なのかどうかに疑問の余地が無くもないけど(^^;

という事で、無駄な文書が増えるのもイヤなので(^^;、ウソでない範囲でイラナイ事は書かずに調査票を記入してみました。
下請法は、苛められてる下請けには有利なんだけど、良い関係の相手だと面倒が増えるだけなので痛し痒しというか何というか・・・

|

« 光るウニ(謎) | トップページ | Google Spreadsheet »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4003/10404143

この記事へのトラックバック一覧です: 中小企業庁から調査票がやって来た:

» 印紙税とは [税金・節税対策の基礎知識]
こんにちは!突然のトラックバック失礼します。よろしければ印紙税について情報交換しませんか? [続きを読む]

受信: 2006.12.03 15:56

« 光るウニ(謎) | トップページ | Google Spreadsheet »