« Webメール2.0 | トップページ | とうかさん »

2006.06.02

LuckySearch復活

Infoseekのハイブリッド検索にLuckySearchというのがある。

コレ、以前は当るまで(?)何度もチャレンジできて、当ると楽天ポイントが1ポイント、または、5ポイントもらえるというヤツだった。
んで、しばらくお休みになった後で復活したら・・・
一日の最初の検索の時だけ抽選されて、後は毎回「はずれ」と出続ける仕様に変わったらしい。

そういう仕様変更ならそれでも良いんだけど、「はずれ」という表現はいかがなモノかと・・・
まぁ、はずれははずれなんだけど、そういう抽選とか考えずに検索サイトとして見れば、毎回検索するたびに「はずれ」と出続ける訳で、目的のものが検索で見つからなかったりした時には「はずれはオマエだろ!」と言いたくなってしまう(^^;

昔、IBMのエラい人が、コンピュータが待ち状態の時にidleと表示されているのを見て「我が社のコンピュータは怠けているのではない。idleではなくwaitingにしろ」と言ったという都市伝説(?)がある。
今でもIBMでidleというのはふつ~に使われているので真偽は定かでないし、idleとwaitはコンピュータでは別の意味で使われているので、idleをwaitと言ってしまうとそれはそれで問題だとは思うけど、そのメッセージを見た時に、見た人がどう感じるかというのは、非常に重要な観点ではないだろうか。

技術者的観点(?)から言えば、違うものを違うものとして識別できる語が用いられていて、大きく意味が外れていなければ何でも良いと考える場合が多いように思う。
相手も技術者であれば、まぁこういう考え方もアリだとは思うけど、非技術者である一般利用者が目にするメッセージには、もっと「このメッセージを見た人がどう感じるか」というのを考える必要がある。
特にネガティブな状況を伝えるメッセージには細心の注意を払わないと、そのネガティブな語の持つイメージが別の所へ伝播してしまう危険がある。

そういう観点で、このLuckySearchのメッセージを見た場合

本日は残念でした・・・はずれ
明日もチャレンジ!

というのは、非常に印象が悪い。
せめて
明日もチャレンジ!
本日は残念でした・・・

とでもすべきだろう。
あるいは
明日もチャレンジ!

だけでも良いかもしれない。
抽選の結果はずれたかどうかは、抽選の直後1回だけ表示すれば良い。

まぁ、使う側としては、どうせエンジンはGoogleなんだから、抽選だけやって後はGoogle使えばいいんだけど(^^;

|

« Webメール2.0 | トップページ | とうかさん »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

表現は大事ですね。

「インストールの準備をしています…」
「インストールしています…」
「インストールを完了しています…」

それ全部含めてインストール言うんとちゃうかゴルァ!
と、思ったことは何度もあります。


あと、本当はそんなに作業が進んでなくても
とりあえずプログレスバーを動かしてみるとか、
基本ですね(汗)。

投稿: よーたん | 2006.06.03 04:46

>よーたんさん
あぁ、あるある(^^;
他にも「○×△の開始中です」とかも何か変。
「開始」というのは、始めのある一点の状態を指す訳で、「開始中」と言われると「開始したのか、してないのか、どっちだよ!」という気も・・・(^^;

投稿: <セルダン> | 2006.06.03 18:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4003/10362813

この記事へのトラックバック一覧です: LuckySearch復活:

« Webメール2.0 | トップページ | とうかさん »