« 次世代「N700系」新幹線はPCも快適に | トップページ | 「鉄道むすめ」のパセオカードを発売するらしい »

2007.05.24

ひかり電話障害原因判明

ひかり電話障害、人為ミスとソフトのバグが原因

この所ご難続き(?)のひかり電話ですが、NTT東西間で通話ができなかったという障害の原因が判明したらしい。

HDD交換でいちいち何かコマンド実行しなきゃいけないって、どういう仕組みなんだろうなぁ?
当然RAIDなりで冗長化はしてるだろうけど、その辺のパラメータを間違えたらRAID自体が崩壊して即座に障害が出そうなもんだし、上位のアプリケーション側ではRAIDのディスク入替えは関知する必要無いだろうし・・・
何か謎

同ソフトには、誤ったパラメータを投入するとHDD内のディスクを破壊するバグがあり
誤ったパラメータでHDD内に格納されたデータじゃなくてディスクが破壊できるのか~
スゴいな(^^;

って、コレはITmediaの誤記系(?)
元のニュースリリースでは

データ設定により、ハードディスク内の一部データが破壊され
ってなってますね。

|

« 次世代「N700系」新幹線はPCも快適に | トップページ | 「鉄道むすめ」のパセオカードを発売するらしい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4003/15187485

この記事へのトラックバック一覧です: ひかり電話障害原因判明:

« 次世代「N700系」新幹線はPCも快適に | トップページ | 「鉄道むすめ」のパセオカードを発売するらしい »