« ファミマで受け取ってきたモノ | トップページ | で・・・ »

2007.05.29

MYUTAなアレ

既にあちこちで書かれてますが、MYUTAなアレ(謎)

栗原潔さんのブログ判決文[PDF]へのリンクが掲載されていたので見てみたのですが、なんだかな~感が・・・

まず複製権の問題で、PDF30ページに小括という項があるんですが

5 ユーザが個人レベルでCD等の楽曲の音源データを携帯電話で利用することは,技術的に相当程度困難であり,本件サービスにおける本件サーバのストレージのような携帯電話にダウンロードが可能な形のサイトに音源データを蔵置する複製行為により,初めて可能になること
というのはどうなんでしょうねぇ?
たとえば@niftyがやってる音楽ダウンロードサービスのMOOCSで提供されているMOOCS PLAYERを使えば、CDからリップしてSDカードに書き込んでくれる。
MYUTAの専用ソフトのインストールとMOOCS PLAYERのインストールでは、困難さという点ではそう大差無いと思うし、もちろんMYUTAによって初めて可能になる訳でもない。
他にも有償のソフトを含めて多数の「技術的に相当程度困難でない」方法はいくらでもある。
6 ユーザは,本件サーバにどの楽曲を複製するか等の操作の端緒となる関与を行うものではあるが,本件サーバにおける音源データの蔵置に不可欠な本件ユーザソフトの仕様や,ストレージでの保存に必要な条件は,原告によって予めシステム設計で決定され,その複製行為は,専ら,原告の管理下にある本件サーバにおいて行われるものであることに照らせば,本件サーバにおける3G2ファイルの複製行為の主体は,原告というべきであり,ユーザということはできない。
というのも、たとえばこのココログなどのブログサービスではストレージでの保存に必要な条件なんてのは予めシステム設計で決定されているモノだし、書き込んだモノが保存されるのは@niftyの管理下にあるサーバ。
同じ論法が成り立つなら、たとえばユーザが著作権を侵害するコンテンツをココログに書き込んでも端緒となる関与に過ぎず、@niftyが主体となって侵害した事になるんじゃないかと・・・
32ページにある
すなわち,本件サーバにおける3G2ファイルの複製行為は,ユーザがどの楽曲データをアップロードするかを決定して操作するものではあるが,複製の過程はすべて原告が所有し管理する本件サーバにおいて,原告が設計管理するシステムの上で,かつ,原告がユーザに要求する認証手続を経た上でされるものであって,原告の全面的な関与の下にされるものである。そうすると,この過程において,ユーザは複製のための操作の端緒となる関与をしたに留まるものというべきであり,上記の複製行為は,前記(1)カのとおり,それ自体,原告の行為としてとらえるのが相当である。
というのも同様。

次の自動公衆送信権の方を見てみると、こちらも同じく33ページに

ユーザが個人レベルでCD等の楽曲の音源データを携帯電話で利用することは,技術的に相当程度困難であること
というのが出てくる。
まぁ、それは置いたとして、
なお,本件サーバに蔵置した音源データのファイルには当該ユーザしかアクセスできないとしても,それ自体,メールアドレス,パスワード等や,アクセスキー,サブスクライバーID(加入者ID)による識別の結果,ユーザのパソコン,本件サーバのストレージ領域,ユーザの携帯電話が紐付けされ,他の機器からの接続が許可されないように原告が作成した本件サービスのシステム設計の結果であって,送信の主体が原告であり,受信するのが不特定の者であることに変わりはない。
というのもかなり無茶な気が・・・
ユーザ認証して特定の人しか受信できなくしてあっても、そんな事は関係なく公衆の使うサーバならアウトというのであれば、メールサーバもアウトですね。

栗原潔さんのページでも書かれていますが、このMYUTAというサービス自体をダメとしたいのであれば、著作権法の30条1-1の「公衆の使用に供することを目的として設置されている自動複製機器」としてしまう方法もあったでしょうが、この判決文の論理展開は問題が多いような・・・

|

« ファミマで受け取ってきたモノ | トップページ | で・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4003/15246746

この記事へのトラックバック一覧です: MYUTAなアレ:

« ファミマで受け取ってきたモノ | トップページ | で・・・ »