« 今日は参観日・・・ | トップページ | 国民投票法 »

2007.05.14

あの技術が期待外れに終わった理由

あの技術が期待外れに終わった理由

何か投資家サイド、経営者サイドからの視点だけで書かれてるような気がしますが、要は投資家、経営者の勉強不足というだけの話じゃないかなぁ?

そのような状況でベンチャー企業の技術者が技術の説明を始めると、基本的な説明を省いてしまい、特徴的な部分、時に専門的で高度な技術に重点を置いた説明から始めてしまったりする。自社の強みを説明したいと思うのは当然だ。しかし、伝わらないのでは意味がない。過大な期待を与えてもまずいし、正当な評価が得られなくても問題である。
技術者視点から見て、相手が勉強する気も無い投資家、経営者であれば「相手に夢見させて金引き出せれば勝ち」ぐらいのもんですよ(^^;
たとえ過大な期待でも。

そもそも、ちゃんと勉強して、これから投資しようとしている技術を(投資的に必要な範囲で)理解しようと努めている人であれば、自分が理解できない基本的な説明が必要なら要求すれば良い。
まぁ「基本的な」説明が必要という時点で、既に不勉強な訳ですが(^^;

技術というのは多くの関連技術の蓄積の上に成り立っているものなんだから、相手がどれだけの技術的素養(理解)を持っているかというのは人によって様々で、どこから説明すれば良いのかも相手によって変わってくる。
知識0の人間にでも理解できるだけの説明をしようと思うと何年もかかる場合だってあるでしょう。

だいたいこの手の人というのは、知らなかった事を説明してもらえなければ「何でオマエは説明してくれなかったんだ」と文句を言い、知ってる事を説明すれば「それぐらい知ってるよ。オマエはオレを馬鹿にしてんのか」と文句を言う(^^;
技術者というのは、自分の専門外の分野であれば理解できない事があるのは当然と考えているから、知らない分野の話であれば質問もするし、聞かれても「あぁ、興味を持ってくれてるんだな」と思って嬉々として説明をする。
だから、わからなければ聞けば良いんですよ。
聞かないでおいて、後になって「何で教えてくれなかったんだ~」とダダこねても手遅れ。

先端技術に関するコミュニケーションは基本的に困難だ。だからこそ一層の丁寧さが必要である。
「先端技術に関するコミュニケーション」が困難なんじゃなくて、説明を受ける側が先端でない技術ですら理解していない(理解しようとしていない)から「特徴的な部分、時に専門的で高度な技術に重点を置いた説明」だけではその技術が理解できないというのが困難の原因じゃないかと・・・

製造業の会社というモノは、研究者が新しい技術を生み出し、技術者が製品にし、工場で生産を行って営業が売るというサイクルで付加価値を生み出して儲けを出して行っている訳で、経営者は何の付加価値も生み出しはしない。
付加価値ランキング(謎)で言えば最下層にいるのが経営者。
その付加価値サイクルに存在する多くの選択肢の中から、付加価値を最大化させる選択肢を選ぶのが経営者の役割なんだから、その役割をまっとうできるだけの知識ぐらいは最低限持つ必要があるのではないでしょうか。
自分が勉強せずに「教えてくれないから悪いんだ~」とかダダ捏ねてるようでは経営者失格でしょう。

|

« 今日は参観日・・・ | トップページ | 国民投票法 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4003/15074818

この記事へのトラックバック一覧です: あの技術が期待外れに終わった理由:

« 今日は参観日・・・ | トップページ | 国民投票法 »