« 消せるメール | トップページ | 「年金」というモノ »

2007.07.23

「1世代コピー9th」では誰も幸せになれない

「1世代コピー9th」では誰も幸せになれない

全く持ってその通りで、特に加える事も無いんですが

まずコピー9thが決定すれば、これによって引き起こされるのは壮大なハードウェアの買い控えである。そもそもアナログ停波というおどしをかけてもそれほど劇的な買い換えが進まない現状において、すでにその政策に従って買い換えた消費者のみが貧乏くじを引く結果を、消費者が簡単に受け入れるとは思えない。反論ではなく、黙って立ち去るのが日本の消費者である。
これは既にCDとかで著作権業界(謎)は経験済みのハズなのに、未だに気付いてないような気もする。
(あるいは、気付いてはいるけど見なかった事にしてるとか)

この「黙って立ち去る」というのは非常に恐ろしい現象(?)で、文句が出るなら大勢に影響が出る前に対処する事もできるかもしれないけど、黙って立ち去られてしまうと、統計に数字が出て来た頃には既に手遅れって事にもなりかねない。
それに「文句を付ける」というのは、その対象に何らかの期待を持っているから「文句を付ける」訳で、その「文句」に適切に対処すればすぐにでも戻って来てもらえる可能性が高いけど、立ち去ってしまった人は既に期待を失っている訳で、それを戻すのは生半可な事ではない。

全く何も無い所から出来上がったモノであれば、新たに興味を示す人が出てきて口コミで人が集まるという事もあるけど、一旦「アレはダメだ」と判断して立ち去られてしまうと、いくら改善しても「あ~、アレはダメでしょ」と先入観を持って見られてしまうから、余計に戻りにくくなってしまう。
0からではなく、マイナスから再スタートをしなくてはいけないので、非常に不利になる。

違法レコーダーに手を出さない健全な人たちは、単に「テレビを見ない」という選択肢を選ぶだろう。現状テレビがなくても、エンターテイメントには困らない。ネットもゲームもDVDもある。もともとテレビ産業は、すでに斜陽産業へと傾きつつあるのだ。
私も「テレビを見ない」かなぁ?
ってか、既に地上波ほとんど見てないし(^^;
そういう意味では、もう、どうなっても良いよという気分・・・

私的には、HDD→メディアと移してHDDを消した後、エラーとかでメディアが読みにくくなった時に、別のメディアに(PCとかでリトライしながら)焼き直す事ができない(要するに孫コピーを許さない)なら、回数制限が1回だろうと100回だろうと無制限だろうと、あまり価値はない。かなぁ?
EPNなら許容範囲だけど、その他は問題外系(謎)

|

« 消せるメール | トップページ | 「年金」というモノ »

家電・AV・モバイル系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4003/15858227

この記事へのトラックバック一覧です: 「1世代コピー9th」では誰も幸せになれない:

« 消せるメール | トップページ | 「年金」というモノ »