« 電子マネーと次世代DVD | トップページ | シャア専用機炎上? »

2007.07.11

地面効果翼機

海面すれすれを飛ぶ航空機、中国の大学が開発

冷戦中に旧ソ連で開発されてた"カスピ海の怪物"とかあったように、地面効果翼機というモノ自体はそう新しいモノでもない。

コレって一番の問題は使える場所が少ないって事なんですよね(^^;
なにしろ、水面or地面の上数十センチから、せいぜい数メートルという高度で飛ぶので、起伏のある地面だと飛べない。
水面にしても、カスピ海のような内海だと飛べるけど、外洋だとちょっと天候が悪くなれば波高数メートルというのもザラだし、太平洋の西の端から東の端まで全部天気が良いなんて事はまず無い。
となるとほとんど使える所がないという事に・・・

同済大学は2013年までに50シートのWIGを開発する計画だ。2016~2017年には200~400トンを積載できる試作機を200機用意する予定だ。
をぃをぃ・・・
200機ってソレ試作機ってレベルじゃないだろ(^^;
ましてや、同程度の最大離陸重量で既に量産されているボーイング777ですら年産50機前後なのに、2年で200機って・・・

何か色々怪しすぎて先行者と同じ臭いがするなぁ(^^;

|

« 電子マネーと次世代DVD | トップページ | シャア専用機炎上? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

とある方からメッセージで「台湾侵攻用なんじゃないですかね」という指摘を頂いた。
確かに
>軍用あるいは国境警備に使えるだろうと語った。
ともあるから、そういう可能性もありそうですね。

マジで「試作機」という名目で200機作るとかあるカモ・・・
台湾海峡ぐらいなら地面効果翼機でも天気さえ良ければ楽々超えられるだろうから、人員・物資の大量・高速輸送用に最適かもしれない。

で、ちょうど台風が来たりすると、台湾にとってまさに「神風」になる訳ですが(^^;元寇の時代と違って台風は十分予測可能だからなぁ・・・

投稿: <セルダン> | 2007.07.12 19:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4003/15726261

この記事へのトラックバック一覧です: 地面効果翼機:

« 電子マネーと次世代DVD | トップページ | シャア専用機炎上? »