« 対G特殊被膜装甲 | トップページ | ∞プチプチ »

2007.09.21

“元祖”東京タワー「地デジ移行後も使って」

“元祖”東京タワー「地デジ移行後も使って」 運営会社、在京局に要望

送信所が2か所あれば、どちらかのタワーが見通せれば良いので、ビル影で受信できない区域が減るというメリットはある。
でも、ビル影の場合はビルが金払って解決する問題だけど、送信所を2か所にするというのは、放送局の財布でやる話で、財布が違うというのが一番の問題だろうなぁ。
そういう財布の話を別にすれば、おそらくはビルごとに対策するよりは送信所を複数作った方が安く上がるんじゃないかとは思いますが・・・

それに、近々起るだろうと言われている(のか?)地震が発生した場合、1か所よりは2か所の方がどちらかが残る可能性は高くなる訳で、冗長性の面からみても2か所の方が好ましいのは確かでしょう。
いくら耐震性があると言っても、想定以上の地震が来れば、倒壊までは行かないまでも継続に支障が出る場合もあるでしょうし、某原発のように耐震基準外の部分で障害が発生して運用に支障を来す場合もある。
地震で停電になればCVCFで電源供給する事になるけど、CVCFだって壊れる可能性もある。
(ってか、こないだ某社でCVCFが壊れて大騒ぎになったんだが(^^;)

そう考えれば、たった一か所の障害で東京全体のテレビ放送が止まってしまう可能性を軽減する手段として、複数化というのは一考に値すると思う。
単一障害点を無くすというのは、災害/障害対策のキホンですから。
問題は財布ですが(^^;

でもね、放送局は日頃から「災害時の報道をするから」という事で、色々な恩恵を受けてるんだから、これぐらいの負担はすべきじゃないかなぁ?
ってか、何らかの障害で停波する事にでもなったら、もう「災害時の報道」という錦の御旗(違)が使えなくなっちゃう訳で、放送局としては存亡問題(おおげさ)になってしまいます。

という事で、私は継続する方が良いと思います。

ただ、

現在、東京タワーの収入は、観光収入が5割以上で、残りが放送局やテナントによる賃貸収入。「最近は観光事業も好調。放送局からの賃料収入がなくなっても、万全を期して経営していける」(前田社長)
これは怪しい気が・・・
新しいのができれば、観光客もそっちに流れるのでわ?(^^;

|

« 対G特殊被膜装甲 | トップページ | ∞プチプチ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4003/16527067

この記事へのトラックバック一覧です: “元祖”東京タワー「地デジ移行後も使って」:

« 対G特殊被膜装甲 | トップページ | ∞プチプチ »