« 聖火リレーとセキュリティ | トップページ | WindowsXP延命? »

2008.04.24

35歳以上の音楽ファン向けSNSが誕生

「あのころに帰ろう」――35歳以上の音楽ファン向けSNSが誕生

面白そうなので見てみました。
一部ビデオは

THE VIDEO YOU ARE TRYING TO WATCH CANNOT BE VIEWED FROM YOUR CURRENT COUNTRY OR LOCATION.
とか言われちゃいますが(^^;
まぁ、レコード会社との間で米国内だけという契約があったりするんでしょうね。

ま、それはさておき、こういうのって日本では難しいんだろうなぁ
日本の場合、権利者が権利持ってないから(^^;

米国だと、サイトとレコード会社や映画会社が契約を結べばどんな内容でも任意の契約が結べますが、日本の場合、ほとんどの楽曲がJASRACに包括的に委託されちゃってるので、レコード会社が「よしやろう!」という気になっても、結局JASRACに金払わなきゃいけないという「現ナマ」の動く話になるから、あらかじめある程度の収益が見込めないとなかなかできない。
「思い立ったので始めてみました」とか「出世払いで(謎)」というのができないのが、日本の現状。
まぁ、ニコニコみたいに無理やり出世払いにしちゃう場合もありますが(^^;、まずケンカから始まる関係ってどうよ?という気がしないでもない。

JASRACに公取が入ったというニュースがあって、これは放送局との包括契約の話なんだけど、ネットでの契約も同じような問題があると思うんですよね。
商用利用の場合、収入の何%とかそういう形だから、JASRAC管理楽曲以外を配信しちゃうと、それにプラスして他の楽曲への著作権使用料も払わなきゃいけない。
月額制の所なんかだと、JASRAC管理楽曲以外を入れると収入に対する著作権使用料の割合が増える訳だから、それならJASRAC管理楽曲だけにしとこうかという話になってしまう。
著作権管理団体がJASRACだけだった時代なら、払う方も支払先を一元化できて便利だし、これで良いかもしれないけど、著作権管理団体も増えてるんだし、時代に合ってないような気がしないでもない。

|

« 聖火リレーとセキュリティ | トップページ | WindowsXP延命? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4003/40983664

この記事へのトラックバック一覧です: 35歳以上の音楽ファン向けSNSが誕生:

« 聖火リレーとセキュリティ | トップページ | WindowsXP延命? »