« タイムシフト目的の録画でも、製作者にフィードバック必要・・・だそうだ | トップページ | リムーバブルケース買ってみた(再掲) »

2008.06.20

火星に水があった・・・かもしれないという話

「火星に水があった」――NASA火星探査プロジェクトが確認

リリースを見ても「何か白いもんがあったけど2,3日経ったら無くなったから氷だったに違いない!」って事のようですが、ソレって本当に水なの?(^^;
塩じゃないってのは確かでしょうが、ドライアイス(水じゃなくて二酸化炭素)でも同じような事になるんじゃないかと・・・

火星表面にドライアイスが大量にあるってのは既に知られている事で、今回発見されたのがドライアイスじゃなくて水(が固体になった氷)だと証明するには「何かあったのが跡形もなく消えた」だけじゃ説得力に欠けるような気がします。
ってか、水であれば2,3日で消えてなくなるというのが怪しいような気がしないでもない。
火星の大気圧が約750Paで周辺の気温が-80℃~-32℃って事は、水の相としては固体なので、地球で冷凍庫に氷があるのと同じく、多少は昇華するかもしれないけど、基本的には安定しているハズ。

一方で、火星の気温は-150℃~+20℃ぐらいと言われていて、最高気温の-32℃というのは比較的暖かい。
とすれば、ドライアイスが昼間には昇華してる可能性が高い。
であれば、2,3日で跡形もなく無くなってしまったのであれば、ドライアイスだった可能性の方が高いんじゃないでしょうか?

水があった方が面白い(?)し、多分あるんじゃないかという期待もあるし、みつかれば良いなとは思うんだけど、今回のは違うんじゃないかなぁ

|

« タイムシフト目的の録画でも、製作者にフィードバック必要・・・だそうだ | トップページ | リムーバブルケース買ってみた(再掲) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4003/41591377

この記事へのトラックバック一覧です: 火星に水があった・・・かもしれないという話:

« タイムシフト目的の録画でも、製作者にフィードバック必要・・・だそうだ | トップページ | リムーバブルケース買ってみた(再掲) »