« ホットキーとショートカットキー | トップページ | MFC-650CDW »

2008.08.01

夜でも太陽エネルギーで発電、MITが新手法発見

夜でも太陽エネルギーで発電、MITが新手法発見

要は、昼間に水を電気分解しといて、夜に水に戻して発電って事ですね。
まぁ、やりたい事はわかるんですが

MITはこれを安く効率的に実現する方法を発見した。
と言う一方で
現在の電気分解装置は高額で高塩基性環境が必要になるため、人工光合成には適していない。
って・・・
安く実現する方法を発見したんじゃないの?
コスト的に適してない方法なんだったら、全然「安く効率的に実現する方法」を発見できてない気がしないでもない(^^;

いったい何を「発見」したのか謎

下の方に一般家庭をイメージしたような絵がありますが、一般家庭に酸素タンクとか水素タンクを置くのは超怖い気が・・・(^^;

|

« ホットキーとショートカットキー | トップページ | MFC-650CDW »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いや、高温が必要になるのは「従来の技術」で、今回発見したのは「常温で光分解する方法」。なので安いよと。

水素タンクや酸素タンクは怖いが、まあそこは、電気自動車あたりの技術で何とか。

投稿: Kok.Wish | 2008.08.01 22:55

ああ、高温じゃなくて、高額だったか。誤読してました。orz

保存方法が効率的で安価なわけで、変換方法は高額ってことかな。

投稿: Kok.Wish | 2008.08.01 23:02

>Kok.Wishさん
いゃ、
>カギとなるのは水から酸素ガスを発生させる新しい触媒で、コバルト金属、リン酸塩、電極で構成される。
とあるので、今回の「発見」のキモは触媒(電極?)なんじゃないかと・・・

って、
>現在の電気分解装置は高額で高塩基性環境が必要になるため
という「現在の電気分解装置」というのは、今回「発見」されたものじゃなくて、一般的な既存の装置って意味なのかなぁ?

って、想像だけで書いててもアレなので原文を見てみると

Currently available electrolyzers, which split water with electricity and are often used industrially, are not suited for artificial photosynthesis because they are very expensive and require a highly basic (non-benign) environment that has little to do with the conditions under which photosynthesis operates.

工業用の電解槽と比べたらって~話ですか・・・
そりゃ工業用だと継続して大量に電気分解しなきゃいけないから、電極におごって(違)白金も使うし、濃度を安定に保つために水酸化ナトリウムとか使う訳だけど、家庭用だったら塩水に炭素棒電極でもいいんじゃない?(^^;

確かに大きな「発見」ではあるでしょうが、酸素・水素の安全な保存という大きな問題に比べればあまり重要じゃないような・・・
ってか、むしろ工業用の電解槽とかで使う方が有効だったりして(^^;

投稿: <セルダン> | 2008.08.02 01:49

まるっきり別な話ですが、太陽光発電は電力ピーク対策に有効で直-直充電で電気自動車を走らせれば省エネばっちりと教えてもらったのは何と20年以上前。あんまりテクの変化は無いし(国の取り組みが悪い?)
車もイマイチ。道路が凍る所で暮らしていますとどうしても四駆でないと乗れません、殆ど冬のためだけに夏場はCO2を少し余計に撒き散らしています。

投稿: hiro | 2008.08.02 13:11

>hiroさん
>あんまりテクの変化は無いし(国の取り組みが悪い?)
まぁ、オカネを持ってる所が必要性を感じないってのが一番の理由じゃないですかね?
電力供給を担う電力会社としては、各家庭で発電できるようになってもウマ味は無い訳だし、産業界としても電力会社が供給するエネルギーよりも(補助金なしで)安くなるという目処が無ければ、あえてエネルギーシフトする必要も無いし。

>殆ど冬のためだけに夏場はCO2を少し余計に撒き散らしています。
夏用と冬用の2台の車を所有するよりは、TCO(Total CO2 of Ownership(^^;)は少ないんじゃないでしょうか?

投稿: <セルダン> | 2008.08.03 00:54

 揚水発電というのはどうでしょうか。 昼間の余剰電力で水を屋根に揚げて、夜は水力発電を行う・・・というのはおいといて。
 一般家庭なら、昼間は電力会社に余剰電力を買ってもらい、夜間は普通に電力を購入するのが妥当でしょうね。

投稿: 文庫老 | 2008.08.03 22:25

>文庫老さん
一般的な揚水水力発電の逆ですかぁ
平屋やせいぜい二階建て程度の一般家庭では、高低差がちと足らないような気がしますし、、高層のビルだと、床面積あたりの日照量もそれだけ下がるので、昼間に余剰ができる程発電できるかどうかアヤしい気がします(^^;

投稿: <セルダン> | 2008.08.03 22:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4003/42032623

この記事へのトラックバック一覧です: 夜でも太陽エネルギーで発電、MITが新手法発見:

« ホットキーとショートカットキー | トップページ | MFC-650CDW »