« 500GB HDD終了のお知らせ? | トップページ | あなたの声で話す家電 »

2009.02.16

ETCカードがやってきた

楽天のETCカードが年会費有料になるという事で、新たに作る事にしたヤナセのETCカードがやって来た。

何か申込書送ってから(営業日ベースで)10日ぐらいかかったような気がしますが・・・
本カードが既にある場合は2~3営業日で送って来る場合が多いみたいですが、提携カードだから時間がかかったのかなぁ?
会社の法人カードでETCカード作った時も2週間かかったし。
(会社のヤツも銀行系の提携カード)

ま、それはさておき、早速マイレージの変更手続きをしてみた。
現/新両カードが有効だと、速攻移行できるから便利だねぇ(^^;

は、良いんだけど、この変更手続き、途中でちょっと違和感が・・・
入力画面の後、変更事項の確認画面が出るんだけど、ここで次に進むボタンが「確認」になっている。
ふつ~は「確認画面に進む」場合に「確認」というボタンを押すという形になっている場合が多いんだけど、この場合「確認しました」という事で「確認」ボタンを押せという仕様になっているらしい。
まぁ、言いたい事はわかるんだけど、あんまり使われる用法じゃないですね。

同じような事は、トグル動作する機能のボタンとかでも良く見かける。
AというモードとBというモードのトグル動作をするボタン。
今Aモードの場合、このボタンには「A」と表記すべきか「B」と表記すべきか。
アプリケーションの場合には、どちらの使い方も混在してるので、頻繁に使うアプリケーションならまだしも、滅多に使わないようなのとか、初めて使うようなのとかだと結構悩みますね。
アプリケーションの場合だと、現在のモードを示すインジケータの役も兼用して、今がAモードなら「A」と表記し、押したら「B」に変わるという使い方の方が若干多いですかね?

トグルと状態遷移という違いもありますが、Webでの用法とアプリケーションでの用法で違う使い方の方が多数派というのも混乱に拍車をかけてるような気がします。
まぁ、画面占有領域の制限から、アプリケーションだとあまり冗長な表記もできませんが、Webとかだとその辺結構融通が利くから、単に「確認」じゃなくて「確認しました」と表記すれば、この辺の違和感も多少は薄まるかもしれません。

これでETCカードは今夜0時から切り替わるから、切り替わりを確認したら速攻で楽天のETCカードは解約する事にしよう・・・(^^;

|

« 500GB HDD終了のお知らせ? | トップページ | あなたの声で話す家電 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4003/44085651

この記事へのトラックバック一覧です: ETCカードがやってきた:

« 500GB HDD終了のお知らせ? | トップページ | あなたの声で話す家電 »