« 石田晴久氏死去 | トップページ | ブラザーから“業務用”電子ペーパー端末 »

2009.03.11

ダウンロード違法化な著作権法(案)

「ダウンロード違法化」「検索キャッシュ合法化」盛り込んだ著作権法改正案が閣議決定

だそうで。

こちらに文科省の法律案が出ていますが・・・
相変わらず法文がヤヤコシイ(^^;

たとえば、プロキシーのための条文と思われる第四十七条の五を見ると
著作権法案 第四十七条の五
Lispかょ!というぐらい括弧の入れ子が(^^;

ってか、何でPDFにコピー禁止属性付けますか・・・
引用しにくいぢゃん
コレはあくまでも「案」だけど、法令は著作権法上は権利の目的にならないものなんだし、コピーを禁止する意味が無いでしょう。

ま、それはさておき、第四十七条の八で
著作権法案 第四十七条の八
というのができて、これまで議論になっていた、ブラウザのキャッシュやメモリに記録するのは複製にならないのかという問題に対処したようです。
が、「これらの利用又は当該複製物の使用が著作権を侵害しない場合に限る。」という除外規定があるので、やっぱりYouTubeとかで違法な動画を(それと知らずに)見てしまった場合にどうなるのかというのは相変わらず未定義。
これまではグレーだったのが、ここではっきり著作権を侵害しないものはOKとなったという事は、逆に侵害するものはアウトという感じもしないでもない。
とすれば、ユーザが違法動画をダウンロードするとプロバイダのルータも違法になったりしそうな予感がするのですが・・・(^^;

もっとも、明確な意思を持ってダウンロードした場合の、いわゆるダウンロード違法という方は第三十条三で
著作権法案 第三十条の三
と、明確に私的複製から除外されていますから、これとはまた別の話。

|

« 石田晴久氏死去 | トップページ | ブラザーから“業務用”電子ペーパー端末 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4003/44316505

この記事へのトラックバック一覧です: ダウンロード違法化な著作権法(案):

« 石田晴久氏死去 | トップページ | ブラザーから“業務用”電子ペーパー端末 »