« 「空飛ぶ自動車」が初飛行 | トップページ | 聖☆おにいさんとか・・・ »

2009.03.24

電子書籍はキャズムを超えられるか?

電子書籍はキャズムを超えられるか?――iPodに学ぶ普及への道

違法に流布されてしまっているデータのリーダとしては、書かれている事ももっともですが、合法的な「正規の流通経路」として考えた場合、iPodというかiTunesが他の配信サイトと際立って違った所というのは、DRMが非常に緩やかだったという点じゃないですかね。
まぁ、今でこそ米国ではDRM無しが主流ですが、それ以前でもダウンロードした楽曲が複数のiPodにコピーできるとか、CD-Rに焼けるという形でした。

買う方としては、機械モノは壊れる、HDDは死ぬ、SDとかのメモリだって死ぬという事をみんな知っている。
だから、特定の機器でしか読めない、聞けないというDRMだとそんなに沢山買おうとは思わない。
そりゃ本だって破れる事はあるけど、表紙が破れても全く読めなくなる事は無いし、CDだって聞けなくなる事はあるけど、CDプレイヤーが壊れただけで所有するCDが全部聞けなくなる訳じゃない。
火事でもなければ所有するコンテンツを一気に失うという事は無いのに対して、特定の機器と強くバンドルされたDRMであれば、その特定の機器が故障すれば全てを失ってしまう。

特定の機器と強くバンドルされていると言えば、携帯の着うたもそうですが、日本レコード協会の「音楽メディアユーザー実態調査」によると、有償サイトからダウンロードしてるのは、ほとんどが中学生や大学生っぽい。
要は、自分で稼いだカネで買う人は、そういうのでは買わないって事ではないでしょうか。

その辺がうまく解決されて、データをバックアップしておけば全てを失うという事が無いような形が実現できないと、爆発的に普及するというのは難しいでしょう。
落とし所としては、コピーやバックアップには制限がなく、どの機器でも見れるけど、個々のファイルにシリアルか何かを仕込んでおいて、ネットに流せば流出源が特定できるという形じゃないですかね。
で、見せしめに何人か摘発して鼻血も出なくなる程賠償金取ると・・・(^^;

こういう形だと、友達とかに個人的に渡したりするのは防げないけど、紙の本だって回し読みしたりできる訳で、その辺はあんまり厳密に考えない方が良いんじゃないでしょうか。

|

« 「空飛ぶ自動車」が初飛行 | トップページ | 聖☆おにいさんとか・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

で、捨てたPCからデータが流出して鼻血も出なくなると。

投稿: びい | 2009.03.26 04:35

>びいさん
そうそう・・・

って、そうじゃなくて、たとえば違法な書き込みとかあった場合に、IPアドレスが特定できて、そのIPアドレスを払い出した契約者が判明しても、たとえば無線LAN使ってたりして赤の他人が書き込みをしてたりする事もある訳で、IPアドレスだけで即確定という事にはなりません。
だけど、自分が契約している回線から違法な書き込みをしようとする人にはトレーサブルであるという事は抑止力になります。
まぁ、そういう事を知らずにバレないと思って書いちゃって捕まる人もいますが(^^;

で、元の話に戻ると、電子書籍にシリアルを埋め込む事によって「自分で買ったものを放流する」事への抑止力にはなります。
賠償金を取るというのは「抑止力」を実証するための手段ですから、該当シリアルの電子書籍を購入した人と放流した回線の契約者が同一とか、複数の証拠から間違いなく当人であるという確証が得られる人を選んで摘発すれば事は済みます。
RIAAのように、賠償金で儲けるのは筋違い(^^;

投稿: <セルダン> | 2009.03.26 22:15

DRM無しの音楽ファイルは普通、個別のファイル毎にユニークなシリアルというかウォーターマークが埋め込まれていたり...
一年ほど前にAppleがDRM無しの販売を開始したときに、誰かが調べたところ、メールアドレスまで含まれていてなんともな状態に...

投稿: Inetgate | 2009.03.28 01:48

>Inetgateさん
まぁ、iTunesのアレを「DRM無し」というのがそもそも間違いなんですがね(^^;
DRMはDigital Rights Managementであってコピーコントロールと同義ではありません。
著作権を管理するためのナニかの総称がDRMなんだから、ユニークなシリアルとかが入ればそれは(広い意味での)DRMですね。

iTunesのソレにしても、何でこっそり入れたのか良くわかりません。
こういうのは「トレーサブルだぞ」と広く知られる程抑止力は大きくなるんだから、もっと大々的に宣言しとくべきだったんじゃないかな?みたいな。
メールアドレスは・・・勘弁してクレって感じですが(^^;

投稿: <セルダン> | 2009.03.28 02:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4003/44456673

この記事へのトラックバック一覧です: 電子書籍はキャズムを超えられるか?:

« 「空飛ぶ自動車」が初飛行 | トップページ | 聖☆おにいさんとか・・・ »