« アニメの殿堂 | トップページ | DSを教室に »

2009.06.08

デジタルサイネージ

生活者の80%、デジタルサイネージを「知らない」

イオングループの運営する大型スーパーマーケットなどがデジタルサイネージを活用した販売促進を展開するなど、徐々に導入事例が出始めているが、生活者にとってはなじみの薄い言葉になっていることが分かった。
だから何?という気がするんですが(^^;
広告というのは、その広告を見た一般の人にアピールするか否かが問題であって、その広告媒体の名前を知られているかどうかなんて何の価値も無い。
広告業界の人とか広告出稿者の間での知名度を調べるなら意味があるだろうけどね。
ユーザーがデジタルサイネージを見た後にどう行動するかについても調べた。結果は「商品や情報に強い関心を持った」が20.3%でトップだった。関心を持った回答者を年齢別に分類すると、「20~24歳」が45.5%、「25~29歳」が30.3%となり、ほかの世代を10ポイント以上も上回った。矢野経済研究所は「サンプル数がほかの年齢よりも少ないものの、(デジタルサイネージは)20代を対象とする商品や情報の訴求に効果的である」とまとめている。
いゃふつ~の看板広告でも、20代ってそれ以上より関心が高い傾向にあるし。
「デジタルサイネージだからこそ」の結果じゃないと思うぞ(^^;

それに、デジタルサイネージで宣伝されている内容が、どの年代向けのものが多いかという調査もしないと意味が無いのでは?
たとえば、「デジタルサイネージでは20代をターゲットとした広告が他の年代向けよりも20%多い」という事があったとすれば、20代の関心は他の年代に比べて20%多いはずなのに10%しか多くないんだから、デジタルサイネージは20代には向かない。
という逆の結論を導く事もできるかもしれない訳で・・・

# 数字も結論も、あくまでも「仮定」です。

何か色々と意味の無い調査の気が・・・(^^;

|

« アニメの殿堂 | トップページ | DSを教室に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4003/45282746

この記事へのトラックバック一覧です: デジタルサイネージ:

« アニメの殿堂 | トップページ | DSを教室に »