« 1500回 | トップページ | サン牧な話 »

2009.10.08

納車から一ヶ月

アクセラ納車から一ヶ月になるので、一ヶ月点検に行って、ついでにパラメータ(謎)を色々弄ってもらった。

・キーレスのオートロック
「近付いたら自動で開錠して、離れたら自動で施錠するようにして」と言ったら「できますよ~」とか言うのでお願いしたんだが、離れると自動で施錠はできるが、近付くと自動で開錠というのはできないらしい。
って、マニュアルには施錠だけしかできないって書いてあったので、そうだろうなとは思ったんだけど(^^;、ディーラーさんが「できます」と言うから何か裏ワザでもあるのかと思ったのに、やっぱり無かったらしい(^^;
まぁ、モデルチェンジ後まだ半年だから、あんまり細かい事までわかってない系なのかもしれない。
とりあえず、離れると自動で施錠だけ設定してもらった。

・オートライト
暗くなると勝手にライトが点くオートライトが付いてるんだけど、ちょっと薄暗いぐらいですぐにライトが点灯してしまう。
スモールが点くぐらいならいいんだけど、まだ十分明るい内からヘッドライトが点くのもアレなので、何か設定があるか聞いてみたら「より早く点くような設定ならある」と・・・
ダメぢゃんorz
まぁ、これもマニュアルで見てたので予想通りなんだけど(^^;
逆(早く点くようにする)のであれば、設定可能範囲外であってもセンサにフイルム貼るとか小技(違)で逃げようははあるけど、遅く点くようにするのは簡単にできないしなぁ・・・

・オートワイパー
一番感度高くしてても、「さっさと拭けよ!!」と思う程反応が遅い(^^;
こちらは車載コンピュータ側の設定は無くてワイパーレバーに付いてる調整だけらしい。
これなら単なる間欠ワイパーの方が使いやすいんだけど・・・

・サービスキャンペーン
って・・・(^^;
i-stop用に通常のバッテリとは別のバッテリも載せてるんだけど、その2つのバッテリの使い方に偏りがあったので両方を均等に使うようにプログラムの書き換えをするらしい。
安全上の問題ではないので、リコールではないと・・・

あと、ナビのサイドブレーキの配線をGNDに落としてくんない?と聞いたら「ダメです」と言われた。
まぁ、まっとうなディーラーだとダメだろうな(^^;
後はオイル交換と、洗車してくれて終了。
特に異常は無しという事で・・・

ついでに、ディーラーの近所のホームセンターに寄ってヘッドライトのハロゲン球の白いヤツ(謎)購入
ミラリードの5100Kのヤツ
車を購入する時にオプションで付けると4万円のモノが、ホームセンターだと1,280円だったりする訳で・・・(^^;
ミラリード S‐88 5100K BEAMSエクセレントホワイトバルブ H11
前から買おうと思ってたんだけど、アクセラのヘッドライト(ロービーム)はH11とかいう変態的(謎)なモノを使ってたりするので、ウチの近所のホームセンターには無かったんですよねぇ・・・
(ふつ~H11はヘッドライトじゃなくてフォグランプ用の球)
ハイビームは元のままだけど、まぁ、あんまりハイビームは使わないからいいかな?
だけどスモールがロービームと色が合わないのはアレなので、スモールぐらいはLEDに換えようかな・・・

|

« 1500回 | トップページ | サン牧な話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私の車に付いている機能は一定時間の間欠ワイパー、フォグ(後付は不可能に近かったのでオプション)、手を挟んでも下がらないパワーウィンドウ、ラジオ連動オートアンテナ、電動折りたたみドアミラー。あとはMTなのでトルク配分うんぬんはビスカスのみ。
殆どマニュアルであります(汗)、降雪時はヘッドライトorフォグ、ワイパー&ウォッシャー液、更には加減速と両手両足の出動に。私はお任せが好きになれなくていまだにMT、加速はとろくても良いのですが降雪時、圧雪時の減速と少しハチャメチャな運転の為だけに乗っています。紙一重ですがドリフト出来ます、本当にたまにしかしませんけどね(笑)。

投稿: hiro | 2009.10.09 11:16

>hiroさん
長らくAT車に乗っていたので、タマにMTモードで走ろうとすると、シフトチェンジを忘れてしまいます。
本当のMT車だと、クラッチも踏み忘れて大変な事になるような予感(^^;

投稿: <セルダン> | 2009.10.10 00:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4003/46435828

この記事へのトラックバック一覧です: 納車から一ヶ月:

« 1500回 | トップページ | サン牧な話 »